子育て家庭向けAmazonプライム使い方!

年長・小学生向けの知育ゲーム3選〜ドブル・アルゴ・ワードバスケット、「アルゴ」を自作する!〜

小学生になると、室内での遊びはスマホやテレビゲームが多くなりますよね。

しかし、視力の低下、宿題をやらない、他の子どもと遊ぶことが減るなど心配なことがありますね。

放課後、子どもをどのように過ごさせるか悩んでいる方も多いと思います。

そこで、小学生がすぐに夢中になる知育ゲーム(カードゲーム)を紹介します。

カードゲームと言えば、トランプ、かるた、UNOは有名ですが、それ以外にも

面白くて、子どもの能力を伸ばしてくれるものがあります!

この記事は次の方におすすめです。

  1. 子どもが室内の遊びに飽きて困っている方
  2. 子どもがテレビゲームばかりして困っている方
  3. 親子や子ども同士で仲良くなるボードゲームを知りたい方
では、どうぞ!

小学生向け知育ゲーム3選

おすすめNo.1「ドブル」

ドブル

・絵合わせゲームです。難しいルールを覚える必要なし!すぐに遊べます。

・年長組〜小学生・大人まで夢中になれます!

・2〜6人が一番盛り上がる。

・子どもの集中する力が育ちます!

・文字を覚えていない子どもでもできるので、いろいろな世代の方と一緒に楽しめます。

・ドラえもん、アナ雪などキャラクターなど子どもの喜ぶデザインのものもあります。

おすすめNo.2「ワードバスケット」

ワードバスケット

・カードを使ったしりとり遊びです。しりとりができる子どものならできます!

・年長から大人まで老若男女が楽しめます!

・何人でも参加可能です。

・言葉の力を育くみ、ボキャブラリーが増えます!

・子ども同士でも大人同士でも、いろいろな場面で盛り上がります!

おすすめNo.3「アルゴ」

アルゴ

・数字当てゲームです。ルールを覚えるのに少し時間がかかります。

*アルゴの遊び方はこちら→アルゴの遊び方 

・低学年からできますが、3、4年以上になるとだましあいなどを楽しめます。

・小学生以上、大人も夢中になれます!

・2〜4人までの遊びです。

・数の感覚や他人の思いを読める力がつくようになります。

・大人同士の対決でも盛り上がれます。高学年なら大人と真剣勝負ができます!

created by Rinker
学研ステイフル(Gakken Sta:Ful)

他にも「まるばつゲームの進化版!」があります!

小学生が大好きな知育ゲーム「ゴブレット・ゴブラーズ」〜なつかしのマルバツゲームの進化版に子どもも大人も夢中になるれる!〜

画用紙で作るアルゴの作り方

子どもがカードゲームを管理をしだすと、カードが折れる、破れる、無くなるなどが目立ち始めます。

これらを手作りをするとお金もほぼかからないし、壊れても、無くしても、また作ればいい。

特にきょうだいが多い家庭、学童保育などはいいですね。

今回は一番簡単なアルゴの作り方を説明します。

1.インターネットから0〜11までの数字の画像を印刷します。

2.画用紙に印刷したプリントをのりで貼ります。数字をカードの形に切ります。

3.切り終えたら、ラミネートする。

★ラミネートが無かったら、透明テープで包んでもOKです。

これで手作りアルゴの出来上がりです!!!

ワードバスケットもドブルも工夫したら、手づくりで出来ますよ。

家庭ではハードルが少し高いですが、学童保育等なら、子どもと一緒に手作りはとてもいいですね

まとめ

子どもにとって遊びは大人の遊びと違って、子どものさまざまな能力を伸ばす大切なものです!

子どもは遊びによって、集中力が付いたり、数字や言葉に強くなったり、

友だちと協力する力、かけひきを楽しむ力などを育てます。

他の知育ゲームなどを紹介しています!

子どもの力を遊びで伸ばしたい方はぜひ見てください!

知育ゲームは、どれも本一冊の値段ぐらいで購入できますよ。

ぜひ、子どもの室内遊びに困っている方、子どもの能力を伸ばしたい方はどうぞ!

created by Rinker
学研ステイフル(Gakken Sta:Ful)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。