便利!節約!時短!子育て家庭向けAmazonプライム使い方!

保育園の保護者懇談会を上手く進める3つの準備

Pocket

保育士は普段、子どもと関わることに慣れ、自信を持っています。

しかし、保護者との話は苦手と感じている保育士も多いです。

そして、保育園には年に数回保護者懇談会があります。

多くの保護者に囲まれながら、保育士が話す場です。

普段とは違った雰囲気だったり、慣れない場ということで緊張もします。

その保護者懇談会を上手に進めるコツについて書きました。

この記事は次の方におすすめです。

  1. 保護者懇談会があるが不安な人
  2. 保護者懇談会をうまく進めたい人
  3. 保護者から信頼を得たい人
では、どうぞ!

1.アイスブレイクをしよう

初めは保護者の方は緊張しています。

もちろん、保育士も緊張していますが・・・

緊張して、早く話して、早くやることを終わらしたい気持ちになります。

しかし、すぐに始めてしまっては失敗します。

その時に必要なのが、アイスブレイクです。

アイスブレイクでいい雰囲気を作り、保護者懇談会を進めましょう。

アイスブレイクのおすすめはこれ!

保育園の保護者懇談会で使える自己肯定感を高めるアイスブレーク3選 保護者懇談会で使える保育園ならではのアイスブレーク3選

2.議題を作ろう

保護者懇談会では保育士は保護者に囲まれて、いつも違う環境ですよね。

いつも子どもには囲まれていますが、保護者に囲まれています。

緊張のため、お話しすることを忘れたり、流れに流されて

お話しするべきことを出来ないことがあります。

そのために作っておきたいのが、何を話すかを書いた議題です。

例えば、

1.自己紹介&アイスブレイク

2.今年度の行事について

3.保護者会について

4.その他

というような簡単なものでいいです。

保護者にも配り、共有できます。

そのプリントに忘れないように書く方もいるでしょうし、

万が一時間が迫ってきても、保護者の方が進んでいないことを配慮して、声をかけてくれるかもしれません。

3.役割分担しよう

保護者懇談は30分〜60分の時間があったり、さまざまな保護者が参加されます。

クラス担任は複数いるので、役割分担をしましょう。

まずは、一人で司会をするのは負担な場合は、時間や議題によって、司会を変わることをおすすめします。

それによって、負担度は急激に下がります。

そして、保護者の方へのフォローする役割を作りましょう。

外国籍の方、途中から参加された方へのフォローをすることが必要です。

まとめ

3つの準備をすると、いい保護者懇談会にできます!

ぜひ、いい保護者懇談会を作ってください。

また、アイスブレイクを成功させるアイテムはこちらです。

保育園の研修・懇談会で会話が盛り上がるおすすめアイスブレイク・アイテム3選

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。