便利!節約!時短!子育て家庭向けAmazonプライム使い方!

弱小チームがドッジボール大会に勝つ3つの方法(学童保育・小学生向け)

Pocket

私は放課後児童支援員、いわゆる学童の指導員を7年間やっていました。

毎年春にドッジボール大会という行事がありました。

しかし、学童の子どもたちは、最初は

・キャッチボールが出来ない子どもが多い。

・ドッジボール自体に参加しない子どもが多い。

・得意な子どもは好き勝手やっている。

そんな中で少しずつ学んで来たことを伝えたいと思います。

まずは以前書かせてもらった記事です。

ドッジボールが苦手な子ども向け! 簡単にドッジボール が得意になる3つの方法

ドッジボール を始める前に、キャッチボールから取り組む。

自信を持ってドッジボール に参加できるようにするとうことです。

これを実践すると一人ひとりが自己肯定感を高めながら、

ドッジボールをやりたい気持ちになると思います。

しかし、ドッジボール 大会では勝つことはできません。

一人ひとりががんばっても、強いチームには得意な子どもが何人もいます。

弱いチームが少しがんばって、他のチームに勝てるようになる子どもに無理のない最低限の3つのことを書きます。

この記事は

◯親子でドッジボール大会に参加する方

 

◯学童の子どもたちにドッジボールを教える方

 

◯ドッジボール大会で1勝でもしたいと思っている方

では、どうぞ!

ルールを覚える、守ること

ドッジボールにはルール(ドッジボール 公式ルール)があります。

*各大会には独自ルールがあります。確認しましょう

ルール違反すると、相手チームのボールになってしまいます。

せっかく相手から取ったボールが、反則で相手チームのボールになるとモチベーションが下がります。

そうならないためには、必ずルールを守る。

弱小チームにはまずルールを守ることが必要です。

特にオーバーライン(投げた時に足が線を超えないこと)をしないこと!

ドッジボール中は興奮して、ボール投げる時についついラインを踏んだり、超えたりします。

注意
ドッジボールが得意な子どもがやりがちな反則です。

ドッジボールの勝ち負けを理解すること

ドッジボールは、たくさんの子どもを当てたら勝ちではありません。

また、ドッジボールは投げ合い、当て合いではありません。

では、勝ち負けはどう決まるのでしょうか?

ドッジボールの勝ち負けは「時間内での外野の人数の差」で決まります。

(*各大会には独自ルールがあります。確認しましょう)

これを理解しているかいないかでドッジボール の試合の仕方が変わります。

これを理解していないと強い子ども同士がボールを持っての当て合いになります。

相手の外野の人数を増やすことが勝ちに近づきます。

それを考えると、ドッジボールの苦手な子どもを先に当てていくのが正解です。

強い子どもは内野でも外野にいても強いので、最後に当てるぐらいでいいです。

パスを回せること

大人が上記の2つことを理解して、子どもたちに教える中で

子どもたち同士でパス回しができれば、勝つことにさらに近づくことができるでしょう。

パスを回す目的は、相手の子どもを動かして、できるだけ近いところでボールを当てることです。

相手がコートの遠いところより、近いところにいる方がボールで当てやすいですよね。

注意
低学年でパス回しは難しいです。無理をせずに高学年になってからでもいいと思います。

まとめ

まずはキャッチボールができるようになり、ドッジボールを楽しむことが一番です。

その次にみんなで勝って喜ぶことができれば最高ですね。

もっとルールだったり、上達のコツを理解したい方はどうぞ。

幼児や低学年にはMIKASAの柔らかいボールで始めましょう。

自信を持ったら、公式用のボールを使ったらいいでしょう。

ぜひ、子どもとドッジボールを楽しんでください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。