子育て家庭向けAmazonプライム使い方!

電気・ガス・水道料金を節約する方法

こんにちは。パパ保育士のパオです。

我が家の家計は共働きで一つの財布にしています。

家計簿はマネーフォワードを利用しています。

家計簿アプリ マネーフォワードを継続する3つの方法(MoneyForward ME)

出来るだけ楽に節約できるように、様々な工夫をしています。

まずは、光熱費について固定費削減方法を紹介したいと思います。

この記事は次の方におすすめです。

  1. 電気料金を節約したい方
  2. ガス料金を節約したい方
  3. 水道料金で得したい方
では、どうぞ!

電気料金を下げる!

①「関西電力」は1kW当たりの電気料金が段階的に異なります(詳しくは関西電力のホームページをご覧ください)。

②「LOOPでんき」はシンプルで関西地区の場合はずーっと22円/1kWです。

③だいたい月180kWhを超えればLOOP電気の方がお得なります。

ガス料金を下げる!

①はじめにガスは自由化されていますが、諸事情があり、ガス会社の選択肢が少ないです。

②「大阪ガス」はガスの使用m3で料金体系が変わります。

だいたいA料金かB料金に当たります。

この範囲なら、実際計算すると、どれだけ使っても関電ガスの方がお得でした。

水道料金を下げる!

①自由化がされていません。会社や自治体の選択肢はないです。

②銀行引き落としからクレジットカードでも引き落としが出来るようになりました。

イオンのクレジットカードを使えば、引き落とし額のWAONポイントと公共料金特別のWAONポイントが貯まるので、お得になります。

まとめ

関電の電気とガスの「なっとくパック」があります。

しかしLOOPでんき+関電ガスは「なっとくパック」よりも安いと計算上なっています。

ガス会社を変える1歩目のハードルは下がります。

しかし、まとめると次にどちらかの会社を変える時にハードルが上がります。

水道光熱費は必ず使うものです。

初めのハードルは高いかもしれません。

しかし一度変えてしまえば、何もしないでも節約してくれることになります。

皆さんもぜひ検討してください。やらなければ損です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。