子育て家庭向けAmazonプライム使い方!

【保育士おすすめ】子どもが輝く!キャンプでの3つの遊び〜脚立ジャンプ、焼き板、焼きマシュマロ〜

夏のキャンプでの遊びは、川や海での遊びがメインになると思います。

しかし、泳いだり、もぐったりするだけでは飽きてしまいます。

また、普段と違う環境のため、遊びを見つけられない子どもがいます。

そこで、キャンプでの3つの遊びや工夫を紹介します。

  1. 子どもとキャンプを楽しみたい方
  2. 保育園等でキャンプに行くと決まっている方
  3. 夏のキャンプでの遊びを探している方
では、どうぞ!

脚立からの飛び込み

川や海を泳いだり、もぐったりするだけで子どもたちは喜びます。

さらに、高い岩などから水に飛び込むことが出来れば、おもしろさや楽しさが倍増します。

しかし、岩など飛び込むほどの高さのがない場所もあります。

その時に使えるのが「脚立」です。

大人が脚立を支えて、子どもが上から飛び込む。

子どもたちは列になって並んで、とても喜びます。

子どもによって、下から3段目、4段目、1番上の高さが選べるのもいいです。

飛び込んだ場所が十分な水深があることも注意してください。

「脚立」は、キャンプで虫取りで使えたり、いろいろな場面で使えるので、一つは持って行ったら便利です。

焼き板

大きさ20cm×10cmの大きさの木の板をかまどなど焼きます。

それに砂をかけて、たわしでこすります。

そうすると、木目がきれいに出て来ます。

それにペンで名前や絵を書きます。

また、100均のスパンコールやボーズをボンドでつけると、とても素敵な作品が出来ます。

女子が特に喜んで作ります。

焼きマシュマロ

かまどは、水に入っていた身体の寒さを温めるだけでなく、

長い串にマシュマロを刺して火で温めると、

中身がとろとろの焼きマシュマロが出来上がります。

甘くて疲れた体を元気にしくれます。

まとめ

少し工夫したり、キャンプならではの遊びがあると、

子どもたちにとってキャンプはさらに楽しいものになります。

そして、キャンプは非日常体験です。

非日常体験で子どもは大きく成長します!

子どもが非日常体験ができる他の記事はこちら!

大阪市内から30分!枚岡山・生駒山で子どもと山登りを楽しむ!〜山登りで育つ3つ力〜 子育て家庭におすすめ六甲山スノーパーク!体験してわかった良かった点と失敗しない4つのポイント!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。