便利!節約!時短!子育て家庭向けAmazonプライム使い方!

男性が育休を取る前にやる3つの行動〜保育園でも男性保育士でも長期育休が取れた!〜

Pocket

男性でも育休取得の話題がニュースで見たり、

家庭や育児を大切にしたいという男性のニュースを見ることが多くなってきました。

あなたはどうでしょうか?

この記事を見てくれている方は「育休」に何かしら興味ある方だと思います。

「え!でも、私の職場では無理ですよ」

「園長が絶対に許可しないよ」

「職場のみんなに迷惑をかけるから、無理ですよ」

そのように考える方が多いと思います。

私は保育園の男性保育士ながら、6ヶ月の育休を取りました。

そのような私から育休取得に不安を持っている方が、

育休が取れるようにする3つの行動をお伝えしたいと思います。

この記事は次の方におすすめです。

  1. 職場で誰も男性が育休を取ったことがないという方
  2. 育休を取りたいけど、どうしても育休は取れないと考えている方
  3. 男性保育士で育休を取りたいと考えている方
では、どうぞ!

1.育休を取る理由を深める

女性ならば出産から育児休暇という流れは当たり前のように認知されています。

しかし、男性はパートナーが出産したら、男性が育児休暇を取るとうことはまだまだ認知されていません。

周囲の理解も進んでいない会社の方がほとんどだと思います。

そのような中で自分のやりたい意思を貫くのは正直難しいです。

パートナーが「育休を絶対に取って!」と望んでいるなら、それが一つの大きな理由になります。

しかし、育休を取らない理由はいくらでも浮かんできます!

「パートナーひとりでも育児はできるし、みんなやっているし」

「帰ってから協力したら、いいよな。それで十分!」

「お金のこともあるしな・・・」

「職場でわざわざ波風起こしたくない・・・」

職場も周囲も男性が育休を取るなんて想定していないでしょう。

「まぁ、男が育休なんて、別に取らなくてもいいか!」と

絶対に流されてしまいます・・・・!!!そうならないために!

私は、育休を取る理由や育休でやりたいことを紙やEvernote、

マインドマップに何度も何度も何度も書き出したりしました。

その中で、自分の「育休を取る」という気持ちを固めていきました。

2.パートナーと話しをする

育休について、初めてパートナーと話したときのことです。

私:「育休を取りたいと思っている」

パートナー:「え!育休、取れるの?」

私:「制度あるし、育休取れるやろう?」

かなり楽観主義の私です(汗)

パートナー:「難しいちゃうの?」

保育の職場の厳しさを知っているパートナーです(汗)

パートナーにとっても私の育休は想像していなかったことでした。

基本的に全てを受け入れていくれるパートナーなので、OKでした。

結論、育休を取れたら、取ろうということになりました。

育休についてをパートナーに相談すること!

当たり前ですが、ちゃんと話しをすることにより、とても心強い気持ちになれます。

3.同僚や仲間と相談する

私は身近に育休を取っている方がいませんでした。

これは、まだまだ普通のことだと思います。

Facebookのグールプでは、育休をとられた方が2人ほどいました。

公務員の方と普通の会社の方でした。

その方の育休がどのような感じだったか聞いてみました。

その体験や思いを聞くと、勇気付けられました。

また、仲の良い職場の同僚にLINEで相談しました。

「お金の大丈夫なん?」とかいろいろな話しをして

「貴重な時間になるね」と背中を押されるとともにアドバイスをもらいました。

同僚や仲間と話しをすることによって、育休を取るという思いをしっかり持てました。

まとめ

男性が育休を取るにはまだまだ周囲の理解がない職場が多いです。

それは人手不足などの環境面も大きいと思います。

その中で、自分の思いがブレてしまえば、その思いを流してしまうのではないでしょうか?

ブレないためには

・自分の思いを紙などに書いて固める。

・パートナーと話しをする。

・仲間や同僚に聞く。

などして、自分の思いがブレないようにがんばってください。

男性が育休を当たり前に取れる時代はすぐそこまで来ています。

あと、10年もすれば「えっ!育休取っていないの?」と言われる日が来ます。

人生100年時代と言われています。

子どもと過ごせる時間も考えてみれば、少ないです。

育休はそのような日々を過ごせる少ないチャンスです。

今しかありません!

育休を取ろうと思っている方はぜひ、理解のある方にその思いを伝えてみてください!

忙しい!節約がしたい!子育て中の家庭におすすめのAmazonプライムでお得になる記事です

子育て中にお得になるAmazonプライム5つの使い方!〜節約・時短・便利になります!〜

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。