便利!節約!時短!子育て家庭向けAmazonプライム使い方!

Panasonic VIERA TH-43FX750 10万円以下で買える薄型テレビのベストはこれ!

Pocket

テレビを買い換えました。

前のテレビ(Panasonic TH-37PX50)は結婚の際、親からのお下がりテレビです。

今年になり突然電源が切れることはありますが、それでも5年以上使い続けることができました。

また、子どもがYouTubeを見る機会が多くなりました。

iPadやMacではどうしても屈み込む姿勢になり、子どもの姿勢が悪くなるのが気になりました。

現在はテレビのスマートテレビの機能もあります。

新しいテレビを買い替える際、調べたこと、考えたことを書きます。

情報収集 ①雑誌でどのテレビがいいか調べる

現在のテレビにどのような機能があり、

どのようなテレビが評価されているのか?されていないのか?

雑誌は、ポジショントークもあるので、参考程度に見ておく。

また、どのような視点で評価しているのかを参考にする。

→液晶の美しさで、SONYのKJ−49X9000Fがオススメされていた。

情報収集 ②ネットでどのテレビがいいか調べる

価格ドットコムのレビューや売れ筋のテレビを見たり、ブログを参考にする。

→TOSHIBAの50型がコスパが高くオススメされていました。

情報収集 ③家電量販店で実際にテレビを見る

ヤマダ電機、ヨドバシカメラ梅田に行きました。

SONY、Panasonic、TOSHIBA、SHARPなどのメーカーのテレビを見比べました。

ポイントは、画面の大きさ・美しさ と UI・応答速度です

◆テレビの画面の大きさ

家族が住んでいるのは3LDKといっても賃貸です。

特別大きな画面のテレビは必要ありません。

また、高価過ぎる有機ELもまだまだ必要ありません。

パートナーとも相談して、現在よりも少し大きめの43型に決めました。

◆価格

43型と決めた時点で価格は10万円以下としました。

テレビの画面の美しさ

私が見たところでは、メーカーでの画面の美しさの違いがわかりませんでした。

有機ELはいいと思いますが、大画面は邪魔だし、高価で必要ないです。

人間は欲を出せば、いくらでもお金がかかります。

◆UI・応答速度

応答速度は他社のOSと比べて、Android OSの遅さ、もっさり感がありました。

UIが優れている順は、Web OS>Firefox OS>独自OS>Android OSです。

ここでは、LGがいい!その次にPanasonicでした。

応答性 UI 備考
SONY Android OS
Panasonic Firefox OS
TOSHIBA 独自OS
SHARP Android OS
LG Web OS

◆4Kチューナー

4Kチューナーが内蔵されているテレビが発売されています。

もし4Kチューナーも必要があるなら、今後購入しようと考えました。

まとめ

情報収集した結果、総合的に

Panasonic VIERA TH-43FX750に決まりました。

選んだ主な理由は、43型の液晶薄型テレビで

10万円以下で購入できる。

UIと応答性がいい。

IPS方式である(視野角が広く、輝度や色の変化が少ない)。

もし、液晶薄型テレビの購入で悩んでいる方は、Panasonic VIERA TH-43FX750がおすすめです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。