便利!節約!時短!子育て家庭向けAmazonプライム使い方!

荒れる子どもの心と心を育てる

Pocket

こんばんは。ぱんのぱんです。

学童で男の子が特に暴れる、喧嘩をする、暴言を吐くなどの行動が多く見られる。

小学生の子どもの心が荒れている

・落ち着きがない。ふさわしくない場面で意味がなく大きな声を出す。

・鬼ごっこで捕まりたくないから、行ってはいけないところまで行ってしまう。

・自分の都合ばかり優先させる。

・家庭で財布のお金を盗む。

何が子どもをこのような行動にさせるのか?

・安心感がない。満たされていない。

・自己肯定感がない。「俺なんか・・・」

・自信がない。「あの子ばっかり褒める」←自分も褒めて欲しい。

将来はどうなるだろう?

・高学年になったら、力をつけて保護者に反抗する。

・問題行動を起こす。非行に走る。

大人はどう関わったらいい?

・話しを聴く。じっくりと聴いているよと伝わるように。

・責めるような言葉は避ける。そのようなことに敏感である。

・認める。ありのままを認める。褒める。褒める場面を意図的に作る。

まとめ

・荒れている子どもの対応は集団になればますます難しくなる。そして、小さい時の積み残しが残っている。心って育てないと、育たないと思うこの頃です。今からでも心を埋めていくしかない。